*acomi Information*
a0030038_17241388.jpg



このページは、布をつないで帽子や日傘をつくる acomi のサイトの1ページです。
ホームページはこちらです。→ http://www.acominococoro.com/
acomi information の詳細は そちらから、
information のページをご覧いただきますよう、よろしくお願いいたします。

facebook のページやinstagram のページでは日々の制作風景なども更新しています。
twitter のページとも連動しています。

ぜひそちらからもチェックしていただければ嬉しいです。よろしくお願いいたします。

*******

※Another weblog... “ハナシノデンゴン
 いろいろ作家のふたり カトウジュリ と acomi の 往復書簡

# by acomino.cocoro | 2016-12-31 23:59
いまここにあるものを




a0030038_08105736.jpg


a0030038_08110475.jpg


a0030038_08115348.jpg


a0030038_08120254.jpg


a0030038_08121130.jpg

〇ハンチングを作り始めたのはかれこれ、、14年前!
京都の東寺の朝市で見つけた帯をみて、ハンチングにしよう…!と思ったのがはじめ。
〇日傘を作り始めたのは、、10年前!
深窓の令嬢のもの、と思ってた日傘に興味が湧いてきて もうハンチングを作れなくなった布たちを繋いでみたらわいくてテンションあがって!そこからどんどん生み出した
〇シュシュを作り始めたのは、4年前。
それまでゴムでガッとくくっていたのに、友達が作って贈ってくれたダブルガーゼのシュシュを愛用するようになって、
日傘を作って出たハギレを繋いでみたら、長ーい布がきゅっと縮まる様がかわくて!いろいろ繋いできた

いま ここにある布たちを いつまでもどこまでも大切にしたい。

その、おもいで



acomiのハンチングとシュシュ展

 6月24日 (金)~7月3日 (日)

 27日(月)はお休み。10:30-18:30。最終日は18:00まで。

 作家在店は6月25日(土)14時~

 巣巣 〒158-0082 世田谷区等々力8-11-3-1F 03-5760-7020




25日のみ、午後14時からお店に伺います。
25日夜はイシイモモコLive!再び!です。
友人のイシイモモコがまた展示会期間中にソロライヴをしてくれることになりました。
巣巣さんでのライヴは2年ぶり。彼女はこのライヴの後、久々のap-bank and のフェスに出演します。
今回のライヴでは、6年前にapbankfesの前夜祭でのイシイモモコLiveでフラで入らせてもらったハワイアンの曲で参加させていただきます。
ご予約の詳細は巣巣さんのHPより、コチラからごらんください。

みなさまにお会いできますことを心から楽しみにしております。

acomi








# by acomino.cocoro | 2016-06-01 00:00 | ものつくりの心。
家、住処、自分へとかえる場所




a0030038_03401586.jpg


a0030038_03400708.jpg


a0030038_03402294.jpg

徳島の上勝から神山へ越してきて1年以上が経ちました
引越してすぐに第二子がうまれたので手つかずだったダンボールたちをようやく開封したり
家は古民家というほどでもなく、さほどの修復は必要ないもののそこは山暮らし
湿気対策で砂壁に漆喰を塗ったり畳を剥がして板を張ったり
前の家よりは狭いので収納をつくるためにコンパネを丸ノコで切っては棚を作ったり
ある程度落ち着いたので、ついに。作業部屋づくりに着手しました
応接間と思われる6畳の板の間をこどもスペースと半分こした、スペースです


a0030038_03402792.jpg


a0030038_03403274.jpg


a0030038_03403877.jpg

a0030038_03404370.jpg

a0030038_03404704.jpg


イメージしていたのはこどもスペースと作業スペースを区切る棚、
カウンターのような、たっぷり収納できる棚も兼ねてそして、黒板。
息子も一緒に板にヤスリをかけたり黒板塗料を塗ったりしつつ、完成しました
あとはちいさな作業スペース内。1歳の娘の手がとどかない場所に布のストック棚つくり。
玄関にあった下駄箱は扉を外してみたらその棚のフォルムの美しさに魅かれて、作業部屋にイン。
布や糸がいろとりどりになってちいさくぎゅっと詰まった空間がうまれました

こどもをみながら家で作業するための、こどもの近くの作業部屋。
さて、どうなっていくかなあー。



a0030038_03405183.jpg







# by acomino.cocoro | 2016-05-01 00:00 | 家づくり、部屋づくりのこと。
フラ部のこと。




a0030038_23372646.jpg





フラをおしえてほしい、

友人のライヴなどで踊らせていただく機会があるとよく言ってもらうことで
いつもすこし胸がザワリとしてわらってごまかしてきた、大抵は
私の触れてきたフラは踊りのことだけではなく生き方で言語で文化で歴史で、、それをどうぞと渡すことは、かんたんにはきもちがむかなかったから
でもそういういいきもちをシェアしていきたい!とおもうところもしっかりあり。
フラを始める前にみんなで手をつないでサークルになって呼吸をして自分を浄化する、というのを一緒にしたり、屋外で軽く一緒にハンドモーションをしたり、は何度かやりました


More
# by acomino.cocoro | 2015-10-27 00:00
さて、また始めよう。への道



a0030038_02155488.jpg




栗どころ、愛媛の内子に4年暮らしたので 渋皮煮を炊かないと秋を越した気がしない
そして渋皮の炊いたので何かを染めたくなるのも常、今年はムスコも手伝ってくれて絹の衣類を染めてみる
秋の訪れといえば暦を見るよりも何よりも手先がわれ始めるのが私のサイン、ムスコの腕のかさかさも然り。。よもぎ、びわ、に続いて 花が咲きかける前のセイタカアワダチソウの蕾を摘んでオイル漬けに
「水には漬けないの?」の一声で酵母も起こしてみることに。かいかいよくなりますように

山に暮らし季節の訪れを今年もこどもと過ごせることに感謝しつつ。
昨年末に神山に移り、春先にムスメがうまれ、いろいろなきもちを経た秋、
本人の希望によりムスコが保育園に行くことになりました(町には幼稚園がないのです)。
「○○ががんばってるあいだにおかあちゃんはまたぼうしとかつくっててね~!」、笑

彼のきもちとがんばりに応えて、まずは引越してからまだ片付いていない家のあちこちの片付け。そこまでいったら、こども部屋の横につくる作業部屋つくり。
さあて、いつになることやら、、ですが
こどもがふたりになってのものづくりの形がすこうし、動き始めようとしているみたいです




a0030038_02162384.jpg






a0030038_02163894.jpg




a0030038_02200121.jpg





6年前のこの時期にも、相も変わらず渋皮煮を炊いて日傘の布を栗で染め直していました
絵描きのHAMUちゃんとの『つながっ展』でもその傘を出展しました
よかったらのぞいてみてください




# by acomino.cocoro | 2015-10-05 00:00 | ものつくりの心。
6月28日(日)シュシュ屋とフラします。

a0030038_2247957.jpg




色づいた梅の実も落ち始め
夏の気配も感じられるようになってきました
春になる前から二人になったこどもらとの山暮らしであっという間の日々です
今年は新しい制作はおやすみさせていただいておりますが、愛媛は内子へ帰省がてら(出身は東京なのですが)ちょこっと出店と納品に帰ることにしました
直前のお知らせになってしまいましたがお近くの方はお運びいただけると嬉しいです

2015年6月28日(日)11時〜15時
晴れでも雨でも。その場合は母屋のまわりでゆるゆると
『丘の上の日曜市』愛媛・内子論田 菜月自然農園にて
◎シュシュのお店
◎明浜の阿部みかん農園さんとのユニット abemi でLIVE

ひさしぶりの丘の上でのフラ。
子育て真っ只中で心も身体もカチカチの素の自分のままで心のホームである丘の上で踊ってみたいと思います
LIVE前後にワークショップのようなものができたらと考えたりしています
一緒に呼吸やハンドモーションなどをして日々のあれこれから離れてフラスマイルを取り入れる喜びを共感できたらうれしいです
天候や空気やこどもの状態に寄り添ってゆるゆるやらせていただくつもりです

タイミングが合いましたら、お会いできれば嬉しく思います



また、内子の商店街にある『まちの駅Nanze』さんに日傘と帽子をすこし納品します。よろしくお願いいたします


ひさしぶりの内子!
あの空気をおもうだけで胸がうずうずわくわくします。。たのしみ!!
# by acomino.cocoro | 2015-06-25 22:19
2015年のご挨拶と制作について



a0030038_7544769.jpg




2005年の1月11日に東京渋谷の喫茶店ではじめての個展を開いて
友人の力でホームページも今のものへとリニューアルさせてもらった
その前にもちょこちょこやっていたけれど、まあそれを作家の歩み始めとするならば
今年の1月11日にacomi は10歳を経て11年目に突入したことになります

どうして始めたんだろう
布が好きだったから、旅先の市が好きだったから、古いものが好きだったから
よくわからない

ひとつだけわかるのは、acomi として動いていたから出会えた繋がりがたくさんあって
それがあったから私は生きてきた、それがなかったらどうなっていたんだろうね?


私事となりますがこの10年のうちには
生まれ育った東京での好きだった世田谷目黒界隈の自転車暮らしから
ハワイ島から帰ってきて突然、愛媛の内子町へと暮らしをうつし
結婚して何もわからない徳島の上勝町の山の暮らしへと移り
そして昨年末ご縁があり、徳島の神山町へと引越しました

上勝の家の離れの二階、山を見渡す作業部屋が好きでした
またさらに山を上がった新しい神山の家にはそのような環境はなく、
ひとつの板の間をこどもの部屋とはんぶんにして作業場をつくっていくことにしました
3年前に出産を経て1年お休みした後に再開した上勝での制作は
家族をもっても前と変わらないままの形を取り戻そうとしていた、気がする
毎年のように何らかの形で発信してきていたからたぶんすこし焦っていたのかも
夫・息子のいる山暮らしと制作時間とのバランスのとり方に迷い始めて
去年はすこしゆっくり、こどもと山と暮らしながらオーダー制作をさせてもらいました

そして今年。
この引越しを機会に今の暮らしを見つめなおして
山の暮らしと家族・こどもとの暮らしの中での新たな制作スタイルを模索してみようと思っています


決まった展示会・オーダー会などはお休みさせていただきますが
作業場づくりや制作、新しい発信ツールがうみだされればそのお知らせなどは
ホームページはもちろん、このページや Facebook Twitter からも発信していきます
どうぞよろしくおねがいいたします


どのような一年になるかわかりませんがまた応援してもらえたら嬉しいです
あらためまして 本年もどうぞよろしくお願いいたします。


2015年1月 acomi





a0030038_7115087.jpg




a0030038_712351.jpg




a0030038_7121361.jpg




a0030038_7122226.jpg

# by acomino.cocoro | 2015-01-31 06:00
それは浮いているかのように


a0030038_15285142.jpg




a0030038_1529510.jpg




a0030038_15285872.jpg




acomiのシュシュづくりワークショップ
『バリ島の布、着物、リネン…にあなたの布を繋げましょう』

9/27 東京の巣巣さんにて、無事に終了いたしました。
初めてのシュシュのワークショップで準備からいろいろどきどきでしたが
自己紹介で「最近気になっていること」という漠然としたひとことをお願いすると
お客様から「瀬戸内海の島に年に4回行っている」!、「文房具に凝っている」!
と、素晴らしい筆記用具を見せていただき一同でのぞきこんだり、、
みなさんに助けられて楽しい時間を過ごすことができました。

布選びでも acomiでは考えなかったような一枚が差し色になっていたりして
興味深く楽しませていただきました。
選んでいただいた布を「昨秋バリ島のギャニャールという町で見つけた布です」
と旅のあれこれを思い出しながらお話しできることも有難かったです。

皆さんで途中までちくちく縫っていただいた布は仕上げてお送りいたします。
ご参加いただいた皆様、心を寄せてくださった皆様、本当にありがとうございました。


夜の巣巣さんではイシイモモコソロライヴ。
外の暗闇の中でぽんわりと浮かび上がった巣巣さんの空間がお客様でいっぱいに。
ピアノ弾き語り、ギターと鍵盤の編成での曲、ラトヴィアがご縁の曲のカヴァー、新曲。
私の大好き!な一曲、『ジャメルさん』ではたまらずノリノリに!元気がでるのです。
ようやく実現した巣巣さんでのイシイモモコライヴ、しっくりとしてやさしい空間でした

フラで入らせていただいた元・ボガンボスのどんとさんの曲『波』は
今回初めての鍵盤の方が入った構成での音でまた新しい波の中に入れていただきました
実は体調が優れずジャメルさんと波以外はずっと座っているような状態だったのですが
ミュージシャンさん達の空間に呼ばれて入り、音が流れて踏み出すと本当に不思議。
身体も心も個人のものではなくなって、それは波に身を任せて浮いているかのようでした
足場も狭い中での踊りでしたが皆さんの向こうに広がる大きな海の中を
とても自由にきもちよく心も身体ものびのびとおよぐことができました
頭の中は空っぽだった、みてくださった方々にはなにが映ったのかな。


映画『六ヶ所村ラプソディー』 の上映会に参加するために初めてお店に伺い、
その時していた展示会に来てくださったところから始まった巣巣さんとのご縁ももう5年。
オーナーの岩崎さんとは2011年を経てとくにいろいろなことを何となく話したり
きもちをシェアしたりしてきました。本当に嬉しく有難いご縁に感謝でいっぱいです。

四国へ暮らしを移して7年。
変わらず、東京でもこうしてなにかカタチをつくれることに心から感謝しています。
みなさま本当にありがとうございました

2014年秋に acomi





a0030038_152920100.jpg

# by acomino.cocoro | 2014-10-05 00:00 | 展示会のこと。
母なる海のように



ちょうど10年前の6月に、イシイモモコと私は出会ったのでした
それは たまりんど という神宮前のごはん屋さんで。
店主たまりさんのつくるどこか南の肩肘張らない料理と空気が好きでした
ある日音楽イベントやるから手伝ってよと言われてやってきたのが、彼女でした。

ひと耳で好きになり、七里ガ浜にウクレレを習いに通い始めていた私は
当時ハルモニアとして湘南を中心に活動していた彼らのあちこちのライヴに出没。
勝手に広報を担当し、歳も近いモモコとはごはんしたりお茶したり。
フラを始めてからはいろんなライヴで踊らせていただきました。
アースデイ東京のJwave特設ステージから、ap-bank fesの前夜祭ステージ
丸の内ハウスで展示会をした時はトークショウの後にアカペラで歌ってくれたことも
私が愛媛に暮らし始めてからは何度も遊びに来てくれて
内子の喫茶店や農園や松山のフェスでライヴをするたびにみんなが好きになった
結婚式でアカペラで歌ってくれた声にのっていつものように踊らせてもらったことも
結婚式で音を流していつものように踊ったのをゆっくりみてもらったことも
かけがえのない宝物です


ひとつ、忘れられないのは 2011年5月のライヴ・アースまつやまでのステージ
元ボガンボスのどんとさんの『波』をモモコが歌い、踊らせてもらった時のこと
きもちのいい鍵盤とギターの前奏を耳にした時から涙が止まらなくなってしまった
そして自分はいなくなってただ風が吹いているかのようだった
あんな踊りは、あの時だけだった
今は波を踊る時は母なる海のような大きなきもちの中で踊れたらと願う


9月27日土曜日夜の巣巣さんでのイシイモモコ・ソロライヴ
巣巣さんで、どんとさんの息子さんラキタさんがライヴをされたというご縁もあり
ひさしぶりにモモコの 『波』 に踊らせていただこうと話しています
踊ることができるすべてに感謝して、どんな波になるのか 楽しみにしています

巣巣さんの空間に響き渡るイシイモモコの唄声、想像するだけで鳥肌がたつおもいです
この機会をぜひ、味わいにいらしてください


9月27日(土)
イシイモモコ Live & acomiシュシュづくりワークショップ at 巣巣


イシイモモコ Live
演奏:イシイモモコ(vo.) with 平田崇(Gu.)滝本成吾(Key.) ゲスト:河合耕平
 18:30開場 19:00開演
 2500円(お茶とお菓子つき) 

acomiのシュシュづくりワークショップ
『バリ島の布、着物、リネン…にあなたの布を繋げましょう』
 13:00-/15:00- 
 1800円(お茶とお菓子つき)



ご予約詳細はコチラよりご覧ください。
巣巣さんのサイトでもご覧いただけます
たのしみにおまちしております。



a0030038_13582277.jpg

# by acomino.cocoro | 2014-09-23 00:00 | 展示会のこと。
シュシュづくりワークショップとイシイモモコLive開催


a0030038_15191596.jpg



a0030038_15191763.jpg



a0030038_15191719.jpg





東京・等々力の巣巣さんにて、シュシュづくりワークショップを開催します。
友人イシイモモコのソロLiveも同日開催いたします!


9月27日 (土) 

acomiのシュシュづくりワークショップ
『バリ島の布、着物、リネン…にあなたの布を繋げましょう』
 13:00~/15:00~
 1800円(お茶とお菓子付き)

イシイモモコLive
演奏:イシイモモコ(vo.) with 平田崇(Gu.),滝本成吾(Key.)
 Open 18:30 Start 19:00
 charge 2500円(お茶とお菓子付き)

ご予約は巣巣さんより受付中です。

*メールアドレス
susu*susu.co.jp *を@に変えてください。

*タイトル:9/27 ライブまたはワークショップ
*本文:お名前、ワークショップの方はご希望のお時間、携帯番号、人数(2名まで)

2,3日以内にご返信させていただきます。携帯電話からの送信の場合は、返信が届くような設定をお願いいたします。(ezwebはこちらからの返信が届かないことが多いようです。)巣巣からの確認のメールが届かないときはお電話にてお問い合わせくださいませ。


詳細はHPよりご覧いただければと思います。コチラより。どうぞよろしくお願いいたします。

初めてのシュシュのワークショップ、みなさんで布を選んでいろいろとおしゃべりする時間を楽しみにしています。
そして私にとってはひさしぶりのイシイモモコLive、そして巣巣さんでの開催、、今から胸躍るほど楽しみです。
Live には acomi もフラで一曲参加させていただくことになっています。
また、一部アナウンスしておりました、帽子と日傘の展示会は諸事情により見合わせました。どうぞご了承ください。当日はシュシュのみ店頭販売もご用意させていただく予定です。

巣巣さんではその期間、ラトヴィア展を開催予定!そして午前中は革細工のワークショップも開催。
たのしみで盛り沢山な秋の巣巣さんでの一日、ぜひふらりとお立ち寄りくださいー。
もちろんワークショップ、Live のご参加も心よりお待ちしております!


a0030038_15191636.jpg

# by acomino.cocoro | 2014-08-18 00:00 | 展示会のこと。