*藍色に漆喰の壁

『MOMOCO × COCORO』

イシイモモコ内子喫茶ライヴ♪vol.2 @喫茶COCORO
スペシャルゲスト:佐藤嘉風




a0030038_2240866.jpg







a0030038_22402881.jpg




a0030038_22404812.jpg




a0030038_2241716.jpg




a0030038_2242018.jpg




a0030038_22423275.jpg




a0030038_22425742.jpg





この日が決まってから とても嬉しかったことは
出会ってもう10年くらい経つ 大好きなミュージシャン二人が、
ここ COCORO さんでライヴをしてくれること、
内子に来てくれること。


ライヴは思い描いていたとおりに、それ以上に、始まった

佐藤嘉風さんの 『無花果の頃』 は、私も大好きな曲
内子という場所が私の中にある今、ここで聴けることが嬉しかった
そんなおもいが ふいに、私の中のどこかのスイッチをオンにしてしまった

どうして、ここで、ふたりの歌が聴けるんだろう??


・・ふいに、5年前に内子の駅に降り立った私が見た風景が広がる
まだ暑さの残る9月のあの日、商店街を町並みを歩いて
和傘の職人さんの作業を眺めて、お店で氷を食べて、裏道を歩いて、、
どうしてあの日の私は ふいに、不動産屋さんに入ってしまったのだろう
あの家をすぐに、見に行ってしまったのだろう

こんなにもあたたかいみんなが暮らす町と知らずに歩いていた私
こんなにもあたたかいみんなの中に暮らす町と知らずに、歩いていた私

あの日の私は何に呼ばれてここへ来て、
微かな勘としか言いようのない何を感じて、
また、すぐに ここに戻ってきてしまったのだろう、、



それまでが、あの日につながり 
それからが、今につながる

内子に呼んでくれて本当にありがとう
内子に入れてくれて、みんなみんな本当にありがとう



内子の人人のおもてなしのこころを、心から尊敬いたします。
by acomino.cocoro | 2012-10-28 23:59 | 出会い。
<< *いつものきせつのにおい *あれからなんねん >>