母なる海のように



ちょうど10年前の6月に、イシイモモコと私は出会ったのでした
それは たまりんど という神宮前のごはん屋さんで。
店主たまりさんのつくるどこか南の肩肘張らない料理と空気が好きでした
ある日音楽イベントやるから手伝ってよと言われてやってきたのが、彼女でした。

ひと耳で好きになり、七里ガ浜にウクレレを習いに通い始めていた私は
当時ハルモニアとして湘南を中心に活動していた彼らのあちこちのライヴに出没。
勝手に広報を担当し、歳も近いモモコとはごはんしたりお茶したり。
フラを始めてからはいろんなライヴで踊らせていただきました。
アースデイ東京のJwave特設ステージから、ap-bank fesの前夜祭ステージ
丸の内ハウスで展示会をした時はトークショウの後にアカペラで歌ってくれたことも
私が愛媛に暮らし始めてからは何度も遊びに来てくれて
内子の喫茶店や農園や松山のフェスでライヴをするたびにみんなが好きになった
結婚式でアカペラで歌ってくれた声にのっていつものように踊らせてもらったことも
結婚式で音を流していつものように踊ったのをゆっくりみてもらったことも
かけがえのない宝物です


ひとつ、忘れられないのは 2011年5月のライヴ・アースまつやまでのステージ
元ボガンボスのどんとさんの『波』をモモコが歌い、踊らせてもらった時のこと
きもちのいい鍵盤とギターの前奏を耳にした時から涙が止まらなくなってしまった
そして自分はいなくなってただ風が吹いているかのようだった
あんな踊りは、あの時だけだった
今は波を踊る時は母なる海のような大きなきもちの中で踊れたらと願う


9月27日土曜日夜の巣巣さんでのイシイモモコ・ソロライヴ
巣巣さんで、どんとさんの息子さんラキタさんがライヴをされたというご縁もあり
ひさしぶりにモモコの 『波』 に踊らせていただこうと話しています
踊ることができるすべてに感謝して、どんな波になるのか 楽しみにしています

巣巣さんの空間に響き渡るイシイモモコの唄声、想像するだけで鳥肌がたつおもいです
この機会をぜひ、味わいにいらしてください


9月27日(土)
イシイモモコ Live & acomiシュシュづくりワークショップ at 巣巣


イシイモモコ Live
演奏:イシイモモコ(vo.) with 平田崇(Gu.)滝本成吾(Key.) ゲスト:河合耕平
 18:30開場 19:00開演
 2500円(お茶とお菓子つき) 

acomiのシュシュづくりワークショップ
『バリ島の布、着物、リネン…にあなたの布を繋げましょう』
 13:00-/15:00- 
 1800円(お茶とお菓子つき)



ご予約詳細はコチラよりご覧ください。
巣巣さんのサイトでもご覧いただけます
たのしみにおまちしております。



a0030038_13582277.jpg

by acomino.cocoro | 2014-09-23 00:00 | 展示会のこと。
<< それは浮いているかのように シュシュづくりワークショップと... >>