*acomi no cocoro*  2005,8,14
a0030038_2122048.jpg
久しぶりに夏らしい蒸しっとした朝に。
ね・ねぎぼうず、、!?
ベランダの ニラ に、花が咲きそうになってる!
バジルも、大きい葉っぱがもりもりだー
よしよし 明日になったら、調理しちゃうからね!

あと一日。待っててね  あと、一日


a0030038_212445.jpg
issue のギャラリーは、普段はカフェとして使われています。
acomi の tsutsumu の隣りのお部屋も、今はいつもカフェ。
落ち着いたらちょっと休んで 隣からドレスを眺めたり、お茶していた人が、こちらへ見に来てくださったこともありました

カフェのスタッフの方とも、ちょっとお話ししたら。このカバンがいいとか、誰はこっちがいいとか、そういうお話をして下さっていたみたい!店長さんは、acomi と出会って、お休みしていたウクレレをまた始めようかと思っているって。 なんだか、嬉しいです。
ここでさせていただいたから、できていく つながり

そう、今日はお隣から なんだか初々しい会話がこぼれ聞こえて。
ウェディングドレスも、そうっと微笑ましく、聞いていたみたいだった


a0030038_2134587.jpgにぎやかなテーブルは 今日には溢れかえって 
うれしい 悲鳴をあげていました

みなさまから頂いた贈り物は、見に来てくれた友だち 職場の方 お知り合い 初めてお会いした方々 家族  皆様と会って、顔をあわせてお話しできたことです。
お会いできなかった方が、残して下さった言葉です。私が知らない間に見てくださった方の、少しでも心に、響けたかもしれないことです。お会いできてお話しできた方が、帰ってからまたじっくりと、送ってくださったメールです。
ギャラリーカフェのスタッフの方々が、また来てくださいね て、快く送り出してくださったことです


tsutsumu は 帽子展deai ではお見せできなかった、もの
ただ、そのものをつつむためだけに acomi の心と手を動かして 作り出したものをみてもらおうと自然と生まれでた テーマでした そうしてそれに呼ばれるように、友だちからは ブックカバー 
幼なじみのお姉ちゃんからは、ウェディングドレスが 生まれ出るために、集まってきた

そんなtsutsumu はそれでも たくさんの方々に いろいろな波を、おくっていたようでした
この空間に つつまれたようで ほうっとできた とおっしゃっていただいたり  
急ぎ足の日常から、ふっと 歩を緩めることができた とおっしゃっていただいたり。

そう、それは 皆様が、皆様の心を、つつんだから。
きっと、いつも 体と一緒にずんずん前に進んで、一緒にいることすら 忘れそうだった 心を、
その手で ふうわりと、つつんだからじゃあないのかなあ  と おもいます

いつも のんびりのあこみなのできっと、 日々なにかと戦う方々とのペースがちがって、あれっって、歩が乱れてしまう方が いらっしゃるのかもしれないなあ 
それが、その方々の 何かいいパワーをうむのなら、 なんだかラッキーな気がします。

9日間は とても 長くみじかい、濃い時間でした 
ここへ 心を向けてくださったみなさま 本当にどうもありがとうございました**
tsutsumu は これからも、acomi のたいせつな、 cocoro です

a0030038_2145786.jpg




tsutsumu live show へ つづく
by acomino.cocoro | 2005-08-14 23:59 | すてきなおくりもの!
<< *これ以上、ないくらい*  2... *わたしが、つつまれていた* ... >>