*まさにそのとき*  2006,2,6
ラジオはすごい 
まさにその時間にラジオに向かって話している人の声が ダイレクトに聴こえるから

テレビもおんなじなのだろうけれど、なんだか 
ラジオの方が生っぽく、そして出演している方がリラックスされている気がします。
まるで知り合い始めた人と、カフェかどこかで話しているみたいな空気

a0030038_220627.jpg
今日は ミュージシャンのdorlisが視聴者のエピソードをお話に曲を作っているところや、俳優の伊原剛志さんが出された自叙伝のことから、役者とは 志すとはどういうことか 心が入っているものづくり 演技について、語られていた

ふたりのすばらしいものづくりのプロのお声を聴きながら、私は 3月の展示会cococara をイメージするワンピースに取り掛かる 

白い着物と、春をおもって選んだ白めのレースとをあわせて 
去年のパリでのいろんな出会いを胸にこめて


ああ 違うなあー イメージではもっともっと、すっきりシンプルなはずだったのに
でも パリから南米から帰ってきた私が作り出すものそれこそが、"ここから"始める全てのものなのかもしれない  ああ、でも。。。


心と手がその場で生みだしていくものは、イメージとはどんどんはなれていく
それこそが まさにその時に作り出されるものだけれども
by acomino.cocoro | 2006-02-06 23:59 | ものつくりの心。
<< *おかえりー*  2006,2,7 *新年*  2006,2,5 >>