*また、つながる



acomi spring exhibition 2009 Home
2009年3月13日(金)~22日(日) at 丸の内ハウス・サロンルーム




ハワイ島のちいさな町、ホノカア

2年前の初夏、町の日本寺で過ごした2ヵ月の時間の中で出会えたのは、
こどもを育てて町で暮らし 自分の国の踊りを踊る女の子たち
町を愛し、町のオールドシアターを守って暮らす人たち
海を越えて その土地に暮らす人たち
かつて文化をつくってきた日系人のおじいちゃんおばあちゃん

そして ハワイ島の、大きな空と風と海と緑と土と・・

土とつながっていない、自分 だった
 

a0030038_10321612.jpg



海を越えて 東京へ帰るまえに
私の中に、ふいに すとんと降りてきたおもい

自分をうんでくれた両親が生まれた土地…自分のルーツの土地へ、行こう
・・ルーツの土地に、かえろう

そうして心のままに四国を旅して出会ったのが、愛媛の町 内子でした


だれも、知り合いのいなかった土地で 今、

何十年も前からその町に住む地元の人人
自然を豊かにしようと移り住んできた人人
愛媛の海や山を愛し守っている人人・・に出会えて

日々の暮らしを すべてを、 体感しています。


a0030038_10325722.jpg



この町で暮らした一年の時間が 今の私の色
いってかえってどこにいようと、私の中にありつづける色

あなたの中の あなたの色は、どんなすてきな色ですか?


ここに 出会えたすべての皆様に、感謝いたします。 2009年春 acomi




a0030038_9472215.jpg





Home をテーマにした、今回の展示 
ちいさな5つのテーマに分かれていて、ひとつひとつの日傘には名前がついています。
ちいさく添えた そぎ落とした言葉の裏にあるこぼれ話しを、してみようかと思います。
そのはじまりに Home をあらわした、始まりの傘のお話しをひとつ。



○ 傘: 土 / earth


あの空 あの道 あの笑顔…
その色が、あなたの Home




愛媛といえば だれもが 「あったかい」 と思うらしいけれど(私も思ってた)
内子は盆地だから、雪も積もるし 土間のある築90年以上のわが家は冬はとくに寒くて
でも、2度目の冬を過ごす私は 灯油ストーブの楽しみ方も2度目
隙間を埋めたり障子やふすまの文化を見直したのは、2度目だから
そして、なんだか 寒さにつよーい子に なったみたい

冬がちゃあんと寒いと 春がまた、待ち遠しくて
早咲きの黄色を探していたら 駄馬池のそばに咲いてるって、友達からのお知らせ

自転車をおして、畑の間の小道を上がる・・野菜がとれたあとの日の畑
白菜のあとの、スカートを広げたようなのこり姿が 畑にぽつりぽつり
いま、土にかえろうとしているんだな

ふと、上を見上げると・・・ わ、きいろぉ~~!!


自転車を置いて、坂道を歩いて上がる
その、黄色の中に顔をうずめると むこうに、さっき歩いてきた畑と道と空が見えた

この風景を、この色を ここで過ごしている時間を、わたしは
きっと忘れないと思った ずっと、持ち続けるだろう と
そして どこにいても、そのことが からだのどこかに根付き続けていれば
きっと、土とつながって生きていける って

きっと みいんな、そういう色を持って 生きているんだ って



ふと、気がついたら下の道で おじいちゃんが不思議そうな顔をして自転車をみてた
あ やっぱりあそこ、うちやったんや よけて置いたらよかったわ

「すいませーーーん、ここでーーす。それ、わたしのでーーーーす!」

声のちっちゃい私 そうとうがんばって、おらんだんやけどな
おじいちゃんには届かんかったみたい

すこうしかんがえて、うちに入って また出て どこかへ歩いていった




あの空 あの道 あの笑顔…
その色が、あなたの Home





a0030038_9473120.jpg



a0030038_9474281.jpg



a0030038_9475268.jpg

by acomino.cocoro | 2009-03-17 23:59 | ものつくりの心。
<< *いまにつづくおもい *あなたがルーツ >>